キレイな目元にするなら口コミ人気が高い二重整形がオススメ!

利用しやすくなっている

女性の目元

目元を変える

女性らしさが現れやすい目元は、一重や奥二重、二重と色々ありますがパッチリ目元になるのは二重となっています。一重の場合、目が小さいという印象を与えてしまうため人によっては「目つきが悪い」「常に眠そう」「睨まれている」などあまり良い印象はないと言えるでしょう。そのため美容面を気にしている女性の場合、二重になりたいと思う人が多いと言えます。二重は美容整形で簡単につくることができますし、最近の美容医療も進化しているもの。そのため、手軽に二重整形が受けられるだけでなく、整形だと気づかないレベルにまで進化しています。周囲に気づかれる心配もないため、二重整形を受ける人が増えていると予測されるでしょう。また、整形に関してもオープンになりつつあるため、整形だとバレても大丈夫という人も増えてきています。二重整形を受ける際、まずは利用者の声である口コミを確認してみると良いです。口コミでは失敗談なども記載されていることもあり、失敗談を参考にすることで自身が失敗するリスクを回避することにも繋がると言えるでしょう。また、美容整形は目元の整形のみでなく、他にも様々な整形施術を受けることが可能です。

鼻先で悩んでいる方

「団子鼻・鼻穴が上を向いている・鼻先が低い」など鼻先で悩んでいる方には「鼻尖縮小」「鼻尖形成」などの整形手術方があります。鼻尖縮小は団子鼻修正とも呼ばれ、鼻先が丸く大きく見える「団子鼻」は、鼻先の皮膚が分厚い場合や鼻先の中央の軟骨の形がしっかりしていないことが原因です。鼻尖縮小(団子鼻修正)の整形手術は、鼻先から小鼻への形をつくる軟骨(鼻翼軟骨)を縫い寄せることで、鼻先をシャープに高くします。また鼻の穴の中で縫い合わせるため、傷跡は外から見えず仕上がりも自然です。鼻尖縮小の主な特徴は鼻先をつんとさせたい、団子鼻をなんとかしたいという場合に、鼻先から小鼻への形をつくる軟骨(鼻翼軟骨)を縫い寄せる鼻尖縮小で改善することができます。 ただし、日本人はもともとこの鼻翼軟骨が小さい方が多いため、糸で縫いとめる鼻尖縮小だけではあまり変化を感じられない場合もあります。そのような場合には、現在の鼻の形状を考慮した上で、東洋人にも効果的な方法を行っています。例えば、自分の耳の軟骨を移植する鼻尖形成(耳介軟骨移植)を併用すると、鼻先にボリュームを足すことができ、鼻先がつんと高くなります。 また、縫いとめる軟骨自体が大きすぎる場合には、軟骨を一部切除して形を整えることも可能です。また鼻先が丸く大きく見える「団子鼻」や、正面を向いたときに鼻の穴が目立つ方にオススメなのが、自分の耳の軟骨を鼻先に埋め込み鼻先を高く・シャープに形成する施術、「耳介軟骨移植による鼻尖形成」です。 軟骨を移植する位置や量を調整することでデザインの微調整ができるため、「自然な範囲でキレイになりたい」といったご要望にも応えることが可能です。目立たない部分を切開するため(鼻の穴・耳の後ろ)、傷跡も気になりません。 また、ご自分の組織(軟骨)を利用するため、異物を入れることに抵抗がある方やアレルギーを心配される方にも、大人気の整形手術となります。術後のダウンタイムですが、通院として約7日後に耳の裏の軟骨採取部の抜糸を行います。日常生活に関しては、シャワーは当日より可能ですが、触る・濡らすなど施術部位への刺激は控えましょう。また 入浴・サウナ・飲酒・激しい運動も控えた方がいいです。痛みは施術当日は若干鈍痛がありますが、すぐに落ち着きます。副作用は手術後、鼻周囲の腫れが生じますが、時間の経過とともに治まります。赤みや腫れが持続する場合には、早めに担当医師の診察を受けましょう。

小鼻で悩んでいる方

鼻穴を小さくしたい方、鼻穴が横に広がっている方、正面から見て鼻穴が目立つ方、小鼻を小さくしたい方、鼻の横の張り出しが大きい方など小鼻で悩んでいる方にオススメなのが「小鼻縮小」という整形手術です。小鼻縮小は、小鼻が大きく張り出している、鼻の穴が大きく見えてしまうという場合、改善できる整形手術です。鼻の広がりと一言に言っても、小鼻(鼻翼)の横の張り出しが大きい方とそうでない方では、切開部分が異なります。一人ひとりの希望に合わせて小鼻をしっかりと縮小したり、鼻の穴の中から目立たないように控えめに縮小したりと、微調整が可能です。また傷跡は鼻穴の中や小鼻の溝、小鼻の付け根の部分に沿って切開するため、ほとんど目立ちません。小鼻縮小の整形手術はどのような形で進められるのかというと、まずカウンセリングで「希望の仕上がり」「不安な悩み」などを時間をかけて聞きまず。その後切開する範囲にしるしをつけ整形手術の開始となります。鼻の穴の内側から小鼻の溝にかけて、傷が目立たない部分を数ミリ切除し、鼻の張り出しや形に合わせて切開する場所を変え、傷が目立たないように、バランスを見ながら縫い縮めます。整形手術後のダウンタイムですが、施術時間は30分~60分で終わり、7~10日後に抜糸を行います。日常生活に関してですが、シャワーは当日より可能で、触る・濡らすなど施術部位への刺激は控えなければなりません。また入浴・サウナ・飲酒・激しい運動も控えた方がいいです。痛みは施術当日は若干鈍痛がありますが、すぐに落ち着きます。術後の経過としては手術後、傷口を保護するために茶色いテープを貼りますが、テープは翌日にご自身で取り除くだけで大丈夫です。副作用ですが、極稀に傷口の炎症や感染が起こる場合があります。強い痛み、赤み、腫れ、熱感などの症状がある場合には、お早めに担当医師の診察を受けましょう。

Copyright© 2019 キレイな目元にするなら口コミ人気が高い二重整形がオススメ! All Rights Reserved.